脳梗塞後片麻痩

院長です。
訪問しての在宅鍼灸治療を行なっている患者さんです。
脳梗塞後、左片麻痩になり、
左側の肩やや屈曲、腕内旋して身体に向いてしまう、
肘15度まで屈曲、手首90度屈曲、5本指握ったグーの状態、
典型的な片麻痩の状態でした。
家族の方が、パジャマや洋服に着替える際に、
腕を伸ばすと硬くて痛がるので大変との事でした。

拘縮した筋肉をほぐす鍼灸治療をはじめて6ヶ月、
こちら側で腕を抑えなくても、
肘が伸び、胸から離れるようになってきました!

ご家族の方からは着替えが楽になってきたと、
喜んでもらっています。

良かった~!
(^O^)
指の伸びも更にだな~