もしそうだとしたら

あなたは間違った取り組み

続けていることになります。

 

それでは症状が改善しないどころか

薬の副作用で違う病気になってしまい

ますます辛い状況に追い込まれて

しまうかもしれません。

 

もしあなたが

 

「慢性的な体調不良から解放されたい」

「でもどうしたらいいのかわからない」

 

と悩んでいるのでしたら

この手紙を3分だけ読んでみてください。

 

なぜ当院の施術を受けると

自律神経失調症による

慢性的な体調不良が根本的に

改善してしまうのか

 

その秘密の全てをお伝えします。

 

 

じめまして、

はちまん鍼灸院整骨院の院長

瀬戸一人です。

 

私は約17年間にわたって

自律神経失調症を改善する方法について

研究と技術の向上に努めてきました。

 

私がこのホームページを立ち上げた

理由は単純です。

 

自律神経失調症のせいで

慢性的な体調不良に悩んでいる人が

あまりにも多いから

 

そして、薬に頼らなくても

 

『比較的短期間で自律神経を整えて

症状を根本的に改善できる治療法がある』

 

という事実を知ってもらい、

 

慢性的な不調に悩まされない

健康で快適な生活をあなたに

送っていただくためです。

 

「でも、自律神経失調症って

そんな簡単に治るんですか…?」

 

たしかに、自律神経失調症は

効果的な治療がなかなか見つからず

 

 

 

という方が少なくありません。

 

もしかしたらあなたも

辛い毎日を過ごしていらっしゃる

のではないでしょうか?

 

私の治療院に来る患者様も

 

「医者は薬をくれるだけで何もしてくれない」

「いろんな所に通ってみたけど良くならない」

「結局、何が原因なのかよくわからない」

 

と悩み、ついには

 

「私の何がいけないんでしょうか…」

 

と自分を責めてしまう方もいます。

 

つまり、多くの自律神経失調症に悩む方が

 

慢性的な体調不良を

我慢しながら毎日を過ごし

耐えられなくなったら

薬を飲んでなんとかしのぐ

 

という状況から抜け出せずにいるのです。

 

しかし私は

 

「自律神経失調症は本当に治らないのか?」

 

という課題を掲げて

17年以上も研究を続けました。

 

そしてついに、ある一つの施術に

たどり着いたのです…

 

 

 

その瞬間、

 

「これだ!これなら自律神経失調症を治すことができる!」

 

と飛び上がるほど喜んだのを覚えています。

 

今からその治療についてお話するのですが

 

その前に、自律神経失調症について

知っておいてほしいことがあります…

 

 

 

 

自律神経失調症というのは

内臓や血液、筋肉、免疫、自然治癒など

からだの様々な機能を調節する自律神経が

正常に働かなくなっている状態です。

 

自律神経が乱れると

 

めまい

動悸

耳鳴り

慢性的な肩こりや頭痛

関節痛

不眠

 

 

からだに色々な症状が現れます。

 

そして、

 

自律神経失調症を

“心の病気”のように思っている方が

多いのですが、実は違うんです。

 

人間関係

子育て

恋愛

仕事

外見

体型

お金

 

 

この世に悩みの無い人はいません。

 

みんな何かしらの問題を抱えて生きています。

 

でも、日本人の全員が

自律神経失調症になっている

わけではありません。

 

自律神経失調症が心の病気だというのなら…

 

自律神経失調症になる人とならない人では

一体何が違うのでしょうか?

 

 

 

何か嫌なことがあった時、

 

つまり…

 

「ストレス」を感じた時

自分の体にどんなことが起きているのか?

 

実は、これがわかると

自律神経失調症を根本的に

改善することができます。

 

まず、あなたが普段感じている

「ストレス」について

ひとつ確かめてみましょう。

 

 

 

ストレスには種類があります。

 

受けたストレスの種類によって

体に起こる変化が変わってきます。

 

あなたが普段感じているのは

どちらのストレスでしょうか?

 

 

 

もしあなたがこのような

欲求や願望が「満たされない」ストレス

を感じているなら

 

あなたの脳は『ドーパミン』という

“ストレス対抗ホルモン”を出しています。

 

ドーパミンが出ると

満たされない欲望を満たすために

行動する力や意欲が湧いてきます。

 

 

 

もしあなたがこのような

人間関係のストレス

を感じているなら

 

あなたの脳は『ノルアドレナリン』という

“ストレス対抗ホルモン”を出しています。

 

ノルアドレナリンが出ると

その状況を乗り越えるために

集中力や判断力が高まります。

 

 

このように、ストレスを感じると

脳はその状況に対応するための

“ストレス対抗ホルモン”を出して

乗り越えようとします。

 

しかし、

 

このストレス対抗ホルモン…

 

実は、良い効果ばかりではないんです…

 

 

 

からだの機能を調節している自律神経は

 

体を活動状態にする交感(こうかん)神経

体を休息状態にする副交感(ふくこうかん)神経

 

この2つから出来ています。

 

昼間の活動中やストレスを感じているときは

交感神経が働き、

夜の睡眠中やくつろいでいるときは

副交感神経が働きます。

 

 

 

 

しかし、

 

ドーパミンやノルアドレナリンといった

ストレス対抗ホルモンが出過ぎると

副交感神経によって休息状態になる時間でも

交感神経が働いて活動状態が続いてしまいます

 

 

 

 

 

本来、副交感神経が働いて体が休息状態に入ると

 

・内臓の働きが活発になる

・筋肉の緊張が解ける

・体内の毒素を尿として外に出す

 

など、体の調子を整える動きが活発になります。

 

しかし、ストレス対抗ホルモンのせいで

交感神経が活発になり過ぎると

 

・内臓の働きは抑制されたまま

・筋肉は緊張しっぱなし

・体内に毒素が溜まったまま

 

という状態になります。

 

こういった状態が続くと筋肉が固くなったり

肩や首、後頭部のつけ根あたりが重くなったり

頭痛やだるさなどの症状が出ます。

 

これが自律神経失調症による

不調の正体だったのです。

 

 

 

ストレスを感じた時、ドーパミンや

ノルアドレナリンが出過ぎなければ

交感神経が暴走することはなく

体の不調も起こりません。

 

では、ストレス対抗ホルモンが

出過ぎないようにするには

どうすればよいのでしょうか?

 

実は、ストレス対抗ホルモンの分泌を

調整する働きを持つ脳内物質が存在します。

 

 

 

セロトニンはストレス対抗ホルモンが

出過ぎた時に歯止めをかけて

自律神経を安定した状態に保ちます。

 

しかし、セロトニンが不足していると

ストレス対抗ホルモンの分泌が過剰になり

交感神経が活発になり過ぎて

自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

 

 

 

同じストレスを受けても

体調を崩してしまう人と

体調を崩さない人がいるのは

このセロトニンの働きが関係していたんです。

 

これで自律神経失調症の謎が解けましたね。

 

そう…

 

 

 

だったのです。

 

セロトニンの働きが十分な状態なら

ストレスを受けても自律神経が

大きく乱れることはありません。

 

自律神経失調症は心の病気ではなく

セロトニンの働きの問題だったのです。

 

そして私が

 

「自律神経失調症は本当に治らないのか?」

 

という課題を掲げて

17年以上も研究を続けた末にたどり着いた

”ある治療法”というのは

 

このセロトニンを薬に頼らず増やせることが

世界で初めて科学的に証明された施術です

 

 

実はほとんど知られていないのですが

 

セロトニンの分泌を促進させる

 

『セロトニン活性スポット』

 

というものが全身にあります。

 

セロトニン活性スポットに特殊な施術を加えると、もともと体に備わっているセロトニンを分泌させる力が強くなって、薬に頼らなくても自然と自律神経失調症は改善に向かいます。

 

例えば、セロトニン活性スポットはこんなところにあります…

 

 

 

 

 

 

一般的に頭がい骨と呼ばれる部分は22個の骨からできていて、パズルのように組み合わさってひとつになっています。

 

 

この頭がい骨がゆがんでいると脳の機能が低下して、セロトニンが不足してしまうことがわかっています。

 

ただ、ゆがんでいたとしても見た目ではわかりませんし、病院で検査しても問題がないと言われる方がほとんどです。

 

その微妙なズレを指先で慎重に確かめながら調整することで、セロトニンの分泌も正常になるんです。

 

「でも、頭がい骨の歪みを取るなんて…なんか怖いです…」

 

そうですよね、話だけ聞いていると何だか恐ろしいですよね…

 

でも安心してください。

 

実際の施術は

 

 

 

 

 

 

必要なところに必要な刺激を軽く加えるだけで調整できますので、痛みは全くありません。

 

頭がい骨のゆがみを取る

セロトニンの分泌が正常になる

ストレス対抗ホルモンが適量になる

自律神経のバランスが乱れなくなる

慢性的な体調不良が改善する

 

このように、頭がい骨への施術だけで自律神経失調症が改善してしまう方もいらっしゃいます。

 

そして、このようなセロトニン活性スポットは背中や腰、骨盤、足首など、全身に散らばっています

 

そのひとつひとつにくまなくアプローチして、あなたのセロトニン分泌力を最大限に引き出す

 

それが”セロトニン活性療法”なのです。

 

 

 

 

この技術は、セロトニンの研究で世界的に有名な東大卒の医学博⼠「有田秀穂(ひでほ)教授」のもとで研究・開発されました。

 

この施術を受けると、ドーパミンやノルアドレナリンといったストレス対抗ホルモンの過剰分泌を抑えるセロトニンが増えます。

 

累計30,000人に行った施術データもありますので「たまたま」ではないことが証明されています。

 

2016年3⽉には医学界の国際的な学会でも発表され、その確かな効果と再現性が認められました。

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたらすでに病院で出された睡眠薬や精神安定剤を飲まれているかもしれません。でも、こういったお薬って副作用が気になりますよね。

 

一度薬を飲み始めると、今度は薬が無いと不安で眠れないようになって、どんどん薬に依存してしまいます。飲む量がどんどん増えていくという話も聞いたことがあります。

 

実際、体に良くない薬も存在しますし、いくら最近の薬は副作用が無くなってきたと言われても、この先ずっと飲み続けることを考えるとさすがに心配だと思います。

 

でもセロトニン活性療法なら、もともとあなたの体で作っているセロトニンがたくさん出るように、施術で脳の機能を改善するだけなので、体に害はありません。

 

 

 

 

 

 

病院に行ったらお薬を出されて「様子を見よう」と言われたけど、結局あまり変わらない、良くなっているのかわからないというお話をよく伺います。

 

サプリメントも栄養素が入っているというだけで、それが体にどれだけ吸収されるのか確認されていませんし、効果もあいまいで科学的に証明されていません。

 

そもそも薬やサプリメントは化学物質や栄養素を外から体内に取り入れているだけで、体そのものが正常になっているわけではありません。

 

しばらく飲んで良くなったからといって、止めたらまた元の悪い状態に戻ってしまうでしょう。こういったものに頼ると、死ぬまで続けなければなりません。

 

長く続けると体にどんな影響が出るかわかりませんし、お金もかかります。

 

それに比べると、セロトニン活性療法は”筋力トレーニング”のようなものです。

 

施術を受けると「セロトニン」を出す力が強くなって安定してきます。

 

最初の2週間は週に2回、それ以降は週に1回程度が理想です。改善が現れてくれば2週間に1回、4週間に1回と徐々に間隔を伸ばしていきます。

 

そして、その効果と再現性は“科学的に証明”されています

 

つまり、セロトニン活性療法は根本的に体質を改善できるということなんです。

 

薬やサプリメントのような“その場しのぎ”を死ぬまで続けるのと、効果が科学的に証明されている『セロトニン活性療法』で根本的に体質を改善するのと、あなたならどちらを選びますか?

 

 

 

 

 

 

大切なことなのでもう一度お伝えしますが、

 

病院へ行って薬を飲み始めたり、サプリメントに頼ってしまうと、それを一生続けなければなりません。

 

今、日本人の平均寿命は80歳を超えています。

 

つまり、あなたが50代なら30年以上、40代なら40年以上も薬やサプリメントを買ったり、通院を続けなければならないのです。

 

診察料と交通費、薬代を合わせて月に5,000円かかるとすると、年間で6万円です。それが40年続くと最低でも240万円以上かかることになります。

 

それに比べてセロトニン活性療法なら根本的に体質が改善していきますので、薬は必要ありませんし、通院もほとんどいらなくなります。

 

そう考えると、この施術には少なくとも100万円以上の価値があると言えます。

 

私もこの施術を習得するのにかなりのお金と時間を投資していますので、1回2~3万円くらいで施術メニューに加えようと考えました。

 

しかし、それでは相当なご負担になってしまいますし、たくさんの方に試して頂くのは難しいと思います。

 

ただ、私も治療家として生計を立てていますので、さすがに数百円というわけにはいきません。

 

施術を受ける方の負担になり過ぎないようにと慎重に検討した結果…

 

今回は1回5,000円とさせて頂くことにいたしました。

 

でも…ちょっと待ってください。

 

もしかしたらあなたはまだ

 

「本当に効くんですか…?」

 

と疑っているかもしれません。

 

そうですよね、そう考えるのは当然だと思います。

 

いくら効果が科学的に証明されたと言っても「個人差」はあります。世の中に万能薬は存在しません。

 

あなたの自律神経失調症は、セロトニン活性療法では改善しないかもしれません。

 

そこで…

 

 

 

 

 

 

実は、セロトニン活性療法には効果が出そうかどうかを事前に確認できる『効果測定テスト』があります。

 

ベッドで横になっていただき、顔にあるセロトニン活性スポットを数カ所、軽くさすります。

 

そして5分後…

 

・頭のスッキリ感や視界が明るくなる感じ、⽬がぱっちりした感じがする

・腕や脚の力が強くなる

・押されてもバランスを崩しにくくなる

 

これらが実感できたら、セロトニン活性療法があなたに効くことが証明されたことになります。

 

それはつまり、あなたの自律神経失調症を解決できる可能性が一気に高まるということです。

 

この効果測定テストを行えば

 

「せっかく通い続けたのに効果が無かった」

 

という、病院通いや治療院通いでよくある失敗も防ぐことができます。

 

さらに、このお手紙を読んで効果測定テストのご予約をしてくださった方には、

 

 

交感神経の暴走を抑える「セロトニン」は、自宅でも増やすことができます。

 

施術でセロトニンの分泌力をアップさせた後で、このレポートに書かれていることに取り組めば、より多くのセロトニンが分泌されるようになって、自律神経のバランスも整いやすくなります。

 

簡単にできるものばかり集めていますので、ぜひやってみてください。

 

このレポートは、スマートフォンやパソコンで見るもので、この下にあるご予約フォームから必要事項を送信した直後に受け取ることができます。

 

(レポートをインターネット上から取得する方法を書いたメールが自動返信で送られてきます)

 

もしあなたが薬に頼らず根本的に自律神経失調症を改善したいと思っているなら、効果が科学的に証明された世界初の施術「セロトニン活性療法」が効くかどうか、ぜひ確かめにお越しください。

 

 

 

 

 

 

大きな地図で見る

 

駐車場が3台分あります。お車でお越しの際は下の図で赤い色の7、8、9の駐車スペースに車を停めて下さい。それと10の前にそれぞれ奥まで詰めて停車して下さい。

 

 

 

当院の駐車場が満車の場合は、近隣の有料駐車場をご利用ください。その際に「駐車証明書」を持ってきて頂ければ、200円お渡ししております。

 

最寄りのバス停は「織物組合前」「本郷横丁」(秋川街道交差点)です。どちらもバス停から徒歩1分です。

 

 

八王子駅からの場合、北口の乗り場 6,7,8,9 から出るほとんどのバスが「織物組合前」に停車します。料金は180円程度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2019 はちまん鍼灸院整骨院 All Rights Reserved.