もしそうだとしたら、あなたは間違った治療を
続けていることになります。

症状はますます進行して痛みは強くなり
手術するしかない状況に追い込まれて
しまうかもしれません…

もしあなたが

「早く痛みから開放されたい!」
「でも手術はしたくない…」
「でも食事制限は運動が長続きしない…」

と悩んでいらっしゃるのでしたら
この手紙を3分間だけ読んでみてください。

なぜ当院の治療を受けると
長年苦しめられてきた
股関節の痛みが改善してしまうのか

その秘密の全てをお伝えします。



たった2回の治療でスタスタ歩けるようになりました!

症状 : 腰から右足の痛み  お名前 :N・E  年齢 :52  職業 :主婦

右足の強い痛みで歩くのが辛い毎日でした。医者で薬だけもらって飲んでいる状態で痛みは変わりませんでした。とにかくこの痛みをとりたくてこちらへ。2回の治療でスタスタと歩けるようになって、うれしくて。本当にありがとうございました。

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

※個人の感想であり効果効能を保証したものではありません、効果は個人差があります


長年の股関節の痛みが楽になりました!

症状 : 右足の股関節の痛み  

長年、右足の股関節の痛みがあり、ここ2・3ヶ月は歩き方にもでて、睡眠中にも痛みで目がさめるようになっていたが、こちらで治療して頂き、特に矯正では行った後、歩き方にも違いが出る程楽になりました。しばらく続けさせて頂きたいと思います。

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

※個人の感想であり効果効能を保証したものではありません、効果は個人差があります



こんにちは、
はちまん鍼灸院整骨院の院長
瀬戸一人です。

このお手紙を読んでいるということはきっと、股関節の痛みにお悩みで

「手術ではなく保存療法で頑張りたい」
「でも症状は悪化するばかり…」
「やっぱり手術しかないのか…」

と不安な毎日を過ごしていらっしゃるのだと思います。

私の治療院に来る患者様も

「整形外科の先生は手術をみすえた話しかしないし、痛み止めの薬を処方するだけで何もしてくれない」

「体重管理や運動療法はすぐに効果が出るわけではないし、なかなか続けられない」

と悩み、ついには

「私は意志が弱いんです…」

と自分を責めてしまう方までいらっしゃいます。

多くの変形性股関節症に悩む方が

保存療法を行いながら股関節をかばい、痛みをこらえながら生活をして耐えられなくなったら痛み止めを飲んでなんとかしのぐ。

しかし、

その間も効果的な治療法が見つからず、症状が末期になってしまったら手術するしかない。


という状況に追い込まれています。

そこで私は

「他に選択肢は無いのか?」

という課題を掲げて、15年以上も研究を続けました。

そしてついに、ある一つの答えにたどり着いたのです。



その治療法についてお話するにあたって
まず変形性股関節症を治療する上での
現状の課題を理解しておく必要があります。

課題は2つあります。

1つ目は「どうやって痛みを鎮めるのか」です。

手術は骨を切ったり
人工関節に置き換えるなどして
痛みを発している箇所そのものを
無くしてしまうので即効性はあります。

しかし失敗する可能性がありますし
術後に違和感が残ったり、15年程度で
人工関節交換のための再手術が
必要になったりと不安が大きいですね。

症状が末期まで進行してしまい手術以外に
痛みを抑える手段が無いなら話は別ですが
できれば避けたいですよね?

また鎮痛剤は副作用が怖いし
できることなら飲みたくない
とお考えなのではないでしょうか?

貼り薬も皮膚から薬を吸収しますので
長期間貼り続けると安全とは言えなくなります。

股関節の痛みを鎮める代わりに
薬の副作用で胃や腎臓、肝臓などの病気に
なってしまっては本末転倒です。

運動療法も関節の可動域が広がって
周りの筋肉が強化されれば痛みが
改善される可能性はありますが
時間がかかります

半年…いや、1年以上痛みに耐えながら
根気よく運動を続けることができなければ
痛みを鎮めるところまでたどり着けません。

あなたがプロスポーツ選手なら話は別ですが
仕事や家事で忙しかったら
続けるのは難しいと思います。




という課題がこれまでの治療法では
解決できていませんでした。

そしてもう一つの課題は
「どうやって症状の進行を食い止めるのか」
です。


薬は炎症を抑えるだけで
症状自体を治療するものではありません。

薬で痛みはおさまっているけれど
症状自体は進行しています。

運動療法は進行を食い止めることはできますが
やはり時間がかかりますし、続けられなければ
時間ばかりが過ぎて症状は進行してしまいます。

そして手術は打つ手が無くなった時の
最終手段になると思います。

つまり、

どうやって『安全に、しかも早く』
症状の進行を阻止するか

という課題がこれまでの治療法では
解決できていませんでした。

しかし、私は4つの治療を組み合わせることで
これらの課題をクリアすることに
成功したのです。




変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院


痛みを引き起こしている神経に
高電圧の電気刺激を加えることで

はりでは届かない
『深部の痛み』であっても
緩和することができます。

「えっ?高電圧?なんか怖いな…」

と思うかもしれませんが
ご心配は無用です。

すでに試された方は

「今まで味わったことのない爽快感!」
「痛みが本当に無くなった」
「痛かった『そこに』気持ち良い刺激が
 ピンポイントで入った」


とおっしゃっています。

もちろん個人のご感想なので
効果効能を保証はできませんが
即効性に期待大です!

八王子で導入しているのは当院だけです。

日本中でも導入している治療院は
まだ少ないと思います。

世界で活躍するトップアスリートや
それを目指す学生アスリートも
この機器で治療をしているそうです。

まずこれで楽になってください。

今すぐにでも試して頂きたいです。



痛みが落ち着いたところで
いよいよ痛みの根源を
取り除いていきます。

治療には電気や超音波などの
機器を使ったものや、はり、きゅう
カイロプラティック(手技)など
色々な分野があります。

しかし、

万能な治療法は存在しません。

それぞれの治療法には得意なこと
苦手なことがあります。

例えば、関節に問題がある場合は
手技や治療機器などによる矯正が効果的です。

はりや灸では改善が難しいです。

一方で筋肉や神経の炎症の痛みを
和らげる場合は、はりや灸が有効です。

大切なのは

症状の原因に合わせた治療を行う

ということです。

原因に対して的確に治療が行えていれば
個人差はもちろんありますが



そこで私は様々な症状の原因に対応するため
17種類の治療法を組み合わせています。


他にも、全身の関節疾患の治療法や
ストレッチなど、17種類の治療法を
最も高い効果が出るように組み合わせて
最短で痛みの根源を取り除くことを目指します。

ひとつひとつが非常に高度な技術なため
15年間、のべ2160時間以上を
費やして技術を磨いてきました。

八王子でこの施術が受けられるのは
当院だけです。



体全体を支える股関節には
歩くだけで体重の4.8倍もの
負担がかかっています。

股関節まわりの筋肉が弱いと
股関節に直接負担がかかって、

関節の軟骨がすり減ったり
脱臼しやすくなってしまいます。

せっかく治療で痛みがおさまっても
それではすぐに元に戻ってしまいます。

良い状態を維持するには
股関節まわりの筋肉の強化が必要です。

健康関連の雑誌やテレビ番組では
いまだに体操やストレッチなどが
紹介されていますが、

実はそういった運動を地道に
コツコツやる時代は終わりました。



まだあまり知られていませんが
努力しなくても簡単に
股関節まわりの筋肉を鍛えられる
治療機器がすでに発明されています。

『複合高周波』

という体の奥まで届く電気信号で
股関節まわりの筋肉を集中的に
鍛えることができるんです。

肩こりの改善で使われる
低周波が進化したものだと思ってください。

日本とアメリカで特許を取得しており
世界水準で認められた技術なので
安全・安心です。

これを使えば

体操のような地道な努力を一切せずに
股関節まわりの筋肉を鍛えることができます。

股関節まわりの筋肉が強化できれば
手術回避まであと一歩です。



日常生活での姿勢や動作、食生活が
問題を大きくしていることもあります。

例えば、体を冷やす服装や食事は
痛みを悪化させることがあります。

お風呂の入り方ひとつで症状を
緩和することもできます。

もしあなたがデスクワークや
立ち仕事をしているなら
姿勢も重要です。

姿勢が悪いとせっかく改善した症状が
再発したり悪化してしまいます。

当院では普段の姿勢や歩き方など
調整した関節が戻りにくくなるような
アドバイスをしていきます。


このように、まず機器で痛みを鎮めて
手技で痛みの根源を取り除いてから
症状の進行を阻止して、良い状態を
維持する土台を作ります。

痛みを最初に鎮めるので
つらい思いをせずに安心して取り組めます。



それは、

鎮痛と調整を定期的に受ける必要がある

ということです。

股関節が変形してしまっている以上
日常生活の中で関節がどうしても
ズレてきてしまいます。

せっかく良くなっても
放っておくとそのうちまた
痛み出してしまうんです。

ですから週に2回は機器による鎮痛か
関節の調整を受けて頂くようにしています。

「瀬戸さん、わかりました」

「でも、正直まだ不安があります…」

「本当に私でも良くなるのでしょうか…?」

と、もしかしたらあなたはまだ
半信半疑かもしれません。

でもそれは当然だと思います。

これまで辛い思いをされてきたのに
すぐに治るなんて、そう簡単には
信じられませんよね…?

股関節の痛みと言ってもその原因や
症状の進行度合いは様々です。

患者様によって手術回避のために
やるべきことも当然変わってきます。

ですから、わたしが一番大切なのは
最初の検査と診断だと考えています。

原因を正しく特定して、そこに
ピンポイントで治療を行えば
信じられないような効果が期待できます。

私が長年苦しんで来られた患者さんを
たった数回の施術で改善できるのも
痛みの原因を正確に特定すること
徹底しているからです。

原因を見誤ってしまうと
どんなに治療を続けても
良くなることはありません。

それどころか、かえって
悪化させてしまうことさえあります。

なので、私は誤診によって患者様に
迷惑をかけてしまわないように
幅広い知識を身につけてきました。




さらに漢方にも精通し
処方の許可も得ています。
(八王子市の治療院で漢方薬を扱えるのは
 当院のみです)



変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院


あなたの自然治癒力を最大限に高める漢方薬を
処方することができます。

体のことは一般的な治療院の先生よりも
熟知しているつもりです。

もちろんそれだけではありません。


検査というと整形外科で撮る
レントゲンやMRIなどの画像診断を
イメージする方が多いのですが
それ以外にも色々なものがあります。

例えば「整形外科的テスト」です。

これは、筋肉や神経をひとつずつ
細かくチェックできる手法で
なんと100種類以上あります。

問診表を参考にして
異常があると思われる筋肉や
神経を一つずつ調べていきます。


機械の部品を一つずつ
点検していくようなイメージです。

レントゲンやMRIで異常がない場合でも
この検査を一つひとつ試していけば
どこに痛みの根源があるのか
特定できる場合があります。

他にも「入江式フィンガーテスト」といって
触れるだけで異常を起こしている体の部位や
苦痛の程度を特定する技術など


百種類以上ある検査方法の中から
股関節の痛みに有効な検査を組み合わせて
症状の原因を徹底的に調べ上げます。

さらに、


実は多くの整形外科や治療院で
行われている検査や診断には
「致命的な弱点」があります。

まず、整形外科ではレントゲンやMRIなどの
画像診断が中心となります。

股関節が今どうなっているのかを
「見る」ことができるので
痛みの原因を正確に特定できそうな気がします。

しかし、

股関節の痛みの原因は股関節にあるとは限らず
レントゲンに写らない筋肉のコリや張り
硬直などが原因になっていることがあります。

画像診断では末期と言える状態まで
症状が進行しているように見えても
かなり自由に動けたり、それほど痛みを
感じない患者さんもいらっしゃいます。

逆に画像では正常な股関節と
ほとんど変わらない方でも
強い痛みを感じる患者さんも
いらっしゃいます。

目で見える進行の度合いと
痛みの度合いは必ずしも一致しないので
整形外科の画像診断だけで
決めつけるのは危険なんです。

一方、整体や鍼(はり)・きゅうなどの
治療院では、股関節の可動域を調べたり
体に触れて筋肉の状態などを確認する
「触診」が中心になります。

画像診断と違って股関節が
どうなっているのか見ることは
できません。

知識と技術と経験を頼りに
症状の原因を探り当てていきます。

ですので、正しく診断できるかは
先生の腕次第ということになりますし
患者さんがその診断の正しさを
確かめることはできません。

このように、

整形外科では「見る」

治療院では「触る」

といった具合に、

それぞれ一方にしか
重点を置かない傾向があるため
情報が不十分で診断を誤る
可能性があるのです。

実際、整形外科と治療院が連携して
治療にあたることはほとんどありません。

しかし、当院は違います。

私は必要に応じて、修業時代に
お世話になった整形外科の先生と
協力して治療にあたっています。

画像診断の情報についても
患者さんを通して連携を
受けるようにしています。

触診で徹底的に調べた後
レントゲンで実際の股関節の状態を
確認するから、痛みの根源を
ほぼ確実に見極めることができるのです。

このように、当院では
慎重に慎重をかさねて
治療に取り組んでいます。

もしあなたがびっこを引きながらでも
歩ける状態なら、まだ間に合います。

今すぐ私に症状をお見せください。


変形性股関節症は進行性なので
適切な処置をしなければ
どんどん悪化していきます。

とにかく早ければ早いほど良いです。

股関節をかばいながらの生活…

一日中、股関節のことが頭から離れない生活…

寝ている時でさえ痛みに怯える生活…

手術をすべきかどうかで悩む精神的ストレス…

そういったものから解放される道が
まだ残っているのです。

運動療法をはじめとする他の保存療法に比べて
即効性と安全性に自信がありますし、なにより
続けるのが苦ではないと思います。


治療は痛みもありませんし、なんといっても
すぐに普段の生活が楽になります。

股関節をかばう必要がなくなり
股関節のことが頭から離れ
安心してぐっすり眠れます。

普通に歩いたり
「もうできない」と諦めていた
趣味を再開することも
夢ではなくなります。

逆に、もし手術を受けることになったら
人工関節に置き換える手術だけで
60万円はかかります。

定期的な通院やリハビリも必要なので
追加で毎月数千円から数万円かかります。

また、手術後に細菌感染が発覚したり
脱臼の可能性も高まります。

追加の治療や入院が必要になったら数万円、
さらに人工関節を交換する再手術をすれば
また60万円以上もかかってしまうのです。

もう一度言います。

今ならまだ間に合います。

手術を回避するためにほんの少しの勇気を出して
一歩踏み出して頂ければ幸いです。

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院


変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院




1:受付

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

まず初診表を書いて頂きます。
様々な症状に対応できますので
思いつくかぎり何でもご記入下さい。


2:カウンセリング(問診)

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

初診表を参考にしながら
さらに詳しく症状や状態をお聞きします。


3:検査

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

当院が最も力を入れているのが検査です。

痛みのある場所だけではなく
体全体を丁寧に検査して
症状の程度を見極めます。

その後、最短で症状が改善するように
治療計画を立てていきます。


4:施術・治療

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

入念に検査した結果をふまえてハイボルト治療
手技療法、複合高周波での筋力強化を
あなたの症状に合わせて行います。


5:治療後のアドバイス

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

施術効果の確認をしたあと、症状の予防や
改善のアドバイスをさせて頂きます。

立ち方や座り方、食生活、服装など
生活習慣にまで踏み込んで指導させて
いただきますので、元に戻りにくく
根本的な改善に向かうことができます。




大きな地図で見る



車でお越しの場合


駐車場が3台分あります。お車でお越しの際は、7、8、9、の駐車スペースに車を停めて下さい。それと10の前に、それぞれ奥まで詰めて停車して下さい。

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院 

当院駐車場が満車の場合には、向かいにあるスーパー『グルメシティ』屋上の駐車場へ駐車可能です。グルメシティ店長さんより了解を頂いております。帰りに何か買い物して下さいね!(^_^)v


バスでお越しの場合


変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

八王子駅北口バスターミナルからの場合(下り路線)乗り場 6,7,8,9 から出る殆どのバスが「織物組合前」停留所(グルメシティの前)に停車します。徒歩1分です。料金は180円程度です。

上り路線の場合「織物組合前」(グルメシティの前)か、「本郷横丁」(秋川街道交差点)停留所で下車となります。徒歩1分です。


変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院


変形性股関節症 はちまん鍼灸院整骨院

ページ上部へ戻る